AV女優の仕事とは

AV女優の仕事とは、AV(アダルトビデオ)に出演して映像の中でセックスや性行為を見せる事です。
AVとはアダルトビデオの略で、基本的には男性のオナニー(マスターベーション)の為に作られた男女のセックスや性行為を中心に見せたエッチな映像作品で、DVDの販売やレンタル、ネットの動画販売などで流通しているものです。

AVの仕事

AV女優の仕事はAVに出演してセックスや性行為を見せる事ですが、その中でもいくつか仕事の種類、仕事内容は分かれています。
まずAV女優の仕事は単体AVの仕事、企画単体AVの仕事、企画AVの仕事と三つに分けられます。

単体AVの仕事について

まず単体AVとは、一人のAV女優で、AV女優の名前を押して1作品丸々作るAVの事をいいます。
よくAVをイメージすると、パッケージに一人のAV女優とその名前がが大きく写っているものをイメージされると思いますが、それが単体AVで、そこに出演しているのを単体AV女優といいます。

企画単体AVの仕事について

企画単体AVは、一人のAV女優で、しかしAV女優の名前ではなく企画名を押して1作品丸々作るAVの事をいいます。

企画AVの仕事について

AV以外の仕事

AV女優の仕事には、AVに出演してセックスや性行為を見せる仕事の他にもAV女優としてする仕事があります。

TVの仕事

映画の仕事

撮影会の仕事